生活リズムとダイエットの関係 生活リズムと学力の関係とは?
医師や教授など、専門家の監修でお届けする生活リズムポータルサイト
TOPページお問い合わせ


 文京区にある中高生の秘密基地「b-lab(ビーラボ)」。ここは塾でもないし、部活でもないし、決められたスケジュールもない。ぼーっとしていてもいいし、宿題をしてもいいし、友達とおしゃべりをしていてもいい。いつでもウェルカムな"自分の居場所"です。そして「あんなことやってみたいな」「こんなこと、できないかな」と、自分の思いをどう人に伝えるかを探す、チャレンジの場でもあります。ここでスタッフとして働く千葉雄登さんは、ビーラボの運営を文京区より受託している認定特定非営利活動法人カタリバのメンバーです。
「僕とカタリバの出会いは、高校生の時です。カタリバが手がける『全国高校生マイプロジェクトアワード』というイベントがあり、高校生が地域の問題を解決するコンペなんですが、それに参加したのがきっかけです。その後、カタリバが運営する、震災にあった岩手県大槌町で、被災した子どもたちが安心して学べる場を作る『コラボ・スクール』の活動を知り、すごく感銘を受けて、自分もここで何かやってみたいと思い、スタッフとして働くようになりました」
 b-lab(ビーラボ)には常勤のスタッフや、千葉さんのような学生職員の他、週に数日手伝うスタッフなど、さまざまな形で大人たちが関わっていますが、ビーラボの主役はあくまで中高生。
「ここは中高生が『自分たちで作っていく』という意識を持って、運営に関わっています。僕を含めてスタッフ、大人たちは彼らのやりたいことをやりとげるのに、寄り添っているのが役目です」






どうしてもやりたいことがあれば
寄り道したってかまわない

 現在は大学を1年休学して、ビーラボに全力投球している千葉さん。休学に際しては、ご両親を2~3ヶ月かけて説得したそうです。
「自分がやりたいんだからやるんだ、と勝手にやるわけにはいかないですよね。学費などを出してもらっていますし、自分の思いをわかってもらいたいし。もちろん親は最初反対していましたが、『なぜ、今やりたいのか』『なぜここでやりたいのか』その思いを伝えて、両親の意見も聞いて、じっくり話し合いました」
 もっともご両親も、千葉さんの、こうと決めたら貫く意志の強さは承知していたのでしょう。これが初めての"親子交渉"ではありませんでしたから。
「英語が好きだったので、外国語科のある高校に進学したのですが、いざ高校生活が始まってみたら、普通科とあまり変わらなくて物足りない。そこで思いきって留学したいと親に言ったところ、やはり反対されて…このときも2~3ヶ月かけて親子で話し合って、説得して留学させてもらいました」
 自分がどうしてもやりたいことがあるなら、それがただの思いつきではないことや、そのチャレンジで自分が身につけたいこと、必ず得たい成果が何かなどを、きちんと周囲に説明して理解してもらう。それだけの情熱と努力を見せたからこそ、千葉さんは周囲の応援が得られたのでしょう。




サイトマップ
トップページ
生活リズム甲子園TOPページへ戻る
知っ得?!生活リズム辞典
敵を知り己をしれば100戦危うからず
生活リズムセルフ診断 Ver.1
あれこれ言ってるけど、自分はどうよ?
生活リズムセルフ診断 Ver.2
さらに細かく診断してみたら?
生活リズム大公開
のぞいてみたい、あの人の生活リズム
私をつくる自分管理術
食の管理術御紹介
私をつくる自分管理術
時間の管理術御紹介
生活リズム甲子園
生活リズム試験で都道府県1位を目指せ
生活リズム甲子園 携帯編
携帯電話に関する生活リズム試験
サイトマップ
初めての方はこちらから


子どもゆめ基金 助成活動
(独立行政法人国立青少年教育振興機構)




トップページ知っ得?!生活リズム辞典生活リズムセルフ診断1生活リズムセルフ診断2
生活リズム大公開生活リズム甲子園教師陣の紹介お問い合わせ
生活リズム対抗試験入門編PDF回答生活リズム対抗試験上級編PDF回答生活リズム対抗試験携帯編PDF回答
Copyright 生活リズム甲子園 All Rights Reserved.
powered by 子どもの早起きをすすめる会