生活リズムとダイエットの関係 生活リズムと学力の関係とは?
医師や教授など、専門家の監修でお届けする生活リズムポータルサイト
TOPページお問い合わせ


 学芸員の富田智子さんの専門分野は日本の近世絵画。わかりやすく言えば江戸時代の浮世絵などの研究をしている。子どものころから、絵を描くことと、時代劇が好きな子どもだった富田さんは、大学進学を前に将来について考えた。
「絵を描くことが好きといっても、美術の専門大学へ進学するのはクラスで一番絵がうまいとか、そういうトップレベルの子たちです。自分にはそこまでの実力はないし、両親も美大への進学を許してくれるとは思えません。では美大以外で絵を学ぶ学科はないかと探したのが、美術史という絵画の歴史を学ぶ学科でした」
 富田さんの大好きな時代劇は、ほとんどが江戸時代を舞台にしたドラマ。その時代に興味を持っていた富田さんは、大学で江戸時代の絵画について学び、学芸員の資格を取得した。
「学芸員というのは、美術館などで働く絵の研究員です。それぞれ専門分野を中心に、美術展を企画して、その開催にまつわるさまざまな仕事をこなします。私は江戸時代の絵画が専門だったので、江戸東京博物館のような江戸時代のことをメインに扱うところに就職したかったのですが、約600倍の求人倍率であえなく落ちてしまいました」
 そもそも学芸員を目指す人はとても多く、逆に求人数がとても少ないため、学芸員になるのは至難の業。富田さんも大学を卒業したあとも大学にのこって研究を続け、どこかの美術館で学芸員の欠員が出るのを待ちながら、数年かかって現在の職場である三鷹市美術ギャラリーに学芸員として就職することが出来ました。






学芸員の仕事は
感性だけではつとまらない

「三鷹市美術ギャラリーは規模が小さいので、学芸員は私を含めて3名しかいません。次々企画を考えるのは大変ですが、自分の企画が通りやすいというメリットもあります」
 例えば江戸時代に描かれた絵画の中で、ある画家の絵だけを展示して、その人の人生を紹介する。また絵の中に動物が描かれている絵だけを展示して、当時の人々がどんなペットを飼っていたのかを紹介する。明治維新のように大きく世の中が変わった時に、その前後に描かれた絵を展示して、当時の人々の期待や不安な思いを紹介する……といったように、あるテーマを決めて、そのテーマに合った絵を集めてどのように紹介するのかを考えるのが、富田さんのような学芸員の仕事だ。
「大きな美術館ならたくさんスタッフがいるので、分業でやっているのかもしれませんが、うちは自分の企画が通ったら、他の美術館や個人の収集家から絵を借りる交渉をして、それを引き取りにいくのも、チラシやポスター、パンフレットの原稿を書くのも、何もかも自分でやらなければなりません」
 こうした美術展に関わる仕事だけでなく、小学校などで絵画の面白い見方や美術館の仕事をについて話す、講師を頼まれることもある。
「企画を考えるのは感性の仕事ですが、それ以外のほとんどはパソコンで書類を作ったり、あちこちに電話をかけてお願いをしたり、打ち合わせをしたりする、取りこぼさないようにコツコツ積み上げていく作業です。同時進行でいろいろなことをしなければならないので、頭がすっきりしていないと、うっかりミスをしてしまいます」




※画像をクリックすると拡大PDFがご覧いただけます。

サイトマップ
トップページ
生活リズム甲子園TOPページへ戻る
知っ得?!生活リズム辞典
敵を知り己をしれば100戦危うからず
生活リズムセルフ診断 Ver.1
あれこれ言ってるけど、自分はどうよ?
生活リズムセルフ診断 Ver.2
さらに細かく診断してみたら?
生活リズム大公開
のぞいてみたい、あの人の生活リズム
私をつくる自分管理術
食の管理術御紹介
私をつくる自分管理術
時間の管理術御紹介
生活リズム甲子園
生活リズム試験で都道府県1位を目指せ
生活リズム甲子園 携帯編
携帯電話に関する生活リズム試験
サイトマップ
初めての方はこちらから


子どもゆめ基金 助成活動
(独立行政法人国立青少年教育振興機構)




トップページ知っ得?!生活リズム辞典生活リズムセルフ診断1生活リズムセルフ診断2
生活リズム大公開生活リズム甲子園教師陣の紹介お問い合わせ
生活リズム対抗試験入門編PDF回答生活リズム対抗試験上級編PDF回答生活リズム対抗試験携帯編PDF回答
Copyright 生活リズム甲子園 All Rights Reserved.
powered by 子どもの早起きをすすめる会